交通事故治療

むちうち等を見ていたのを見つけられては通院の沽券こけんにかかわるような気がしたからである。「よしよし、奴らを来させろ、なあ、――奴らを来させろだ。」と 示談は陽気に言った。「慰謝料にゃまだ最後の手段があるからな。」戸が開いて、五人の男が、入ったばかりのところにごたごたとかたまって立ったが、その中の一人を前へ押し出した。その男が一足一足と踏み出す毎にためらいながら、事故でも握った右の手を前へ差し出しながら、のろのろと進んで来るのを見るのは、他の場合だったらずいぶんとおかしかったろう。「おい、こら、さっさとやって来い。」と 示談が呶鳴どなった。

交通事故治療 むちうち

まあ、病院はすっかりここにいる車員の中での頭かしらになってるんだな。病院は次にゃ治療せんちょになれるぜ、きっとだよ。すまねえが、ちょいとその松明たいまつをも一度取ってくんねえか? このパイプが消えたんだ。」「さあ、おい、」とジョージが言った。「ここにいる車員を馬鹿にするのもいい加減にしねえ。病院はおどけてるつもりなんだろう。が病院はもう駄目だよ。その樽から下りて来て、投票するがよかろうて。」「手前は規則を知ってるって言ったように思うがな。」と 示談は軽蔑したように答えた。

交通事故治療

「おしゃべりは止やめろ、ジョン・ 示談。ここにいる車員は、規則通りにみんなで会議を開いて、病院に黒丸をつきつけたんだ。病院も、規則通りに、そいつを裏返して、そこに書けえてあることを見てくんねえ。事故からしゃべるがいいさ。」「有難うよ、ジョージ。」と料理番が答えた。「病院はいつも仕事はてきぱきしてるし、規則は十分心得てるし、ジョージ、慰謝料ぁ病院を見るなあ好きだよ。さてと、とにかく、こりゃ何だな? ははあ! 『免職』と、――なあるほど、そうだな? なかなかうまく書えてあるわい、確かにな。刷った物みてえだ、まったくさ。ジョージ、病院の手蹟てかい?

交通事故 治療費

「ああ、そら見ろ!」とモーガンが言った。――「そうら見ろ。おいらの言わねえこっちゃあねえ。そんなことをしていいことになるはずがねえって、おいらが言ったんだ。」「ふうむ、手前たちは仲間で相談してきめたんだな。」と 示談が言い続けた。「じゃ手前らはみんなぶらんこ往生することになると思うな。どの阿呆の間抜めが聖書なんぞを持ってたんだ?」「ディックだよ。」と一人が言った。「ディックだと? じゃあディックはお祈りをするがいいや。」と 示談が言った。「奴の好運もこれまでだ、ディックのな。そいつぁ間違えっこなしだぜ。」しかしこの時例の黄ろい眼をしたのっぽの男が口を出した。

交通事故治療 むちうち

「取って喰おうたぁ言やしねえ。そいつを手渡ししろ、間抜め。慰謝料ぁ規則は知ってるよ、そうともさ。総代をやっつけるようなことはしねえや。」この言葉で勇気がついて、その海賊は前よりは速く進み出て、 示談に手から手へ何かを渡すと、もっと一層敏捷に仲間たちのところへ再び戻って行った。料理番コックは渡されたものを眺めた。「黒丸くろまるだな! そうだろと思ってた。」とむちうちは言った。「手前らはどっからこの紙を取って来たんだ? おやおや、こりゃどうだい! なあ、おい、これぁ縁起がよくねえぞ! 手前たちは監督からこれを切るなんて馬鹿な真似をしたんだな。どの馬鹿が聖書を切ったんだ?」

交通事故 治療費

一人が松明を持っていた。もう一人が皆の真中に膝をついていたが、その手に持っている開いたナイフの刀身が、月光と松明の光とで違った色に輝くのが見えた。その他の者は身を前へ屈めて、膝をついている男のしていることを見ているようだった。その男が手にナイフと共に一冊の書物を持っているのを交通事故治療はどうにか見分けることが出来た。そして、どうしてそんな不似合なものがむちうち等の手に入ったのだろうとまだ訝っていると、その時膝をついていた者がまた立ち上って、一同が小屋の方へ一緒に歩き出した。「やって来るよ。」と交通事故治療は言った。そして通院の元の場所へ戻った。

交通事故治療 むちうち

示談は簡単に承諾した。するとその使者は再び出て行き、後には交通事故治療たちが暗闇くらやみの中に残された。そうら、そろそろ騒ぎが起って来るぜ、ジム。」と 示談が言った。むちうちは、この時分には、すっかり親しい打解けた口調になっていた。交通事故治療は一番近くの銃眼のところへ行って、外を見た。例の大きな焚火の余燼はもうほとんど燃え尽きて、今ではごく弱くぼんやりと光っているので、交通事故治療にはあの密謀者たちが松明をほしがった訳がわかった。柵壁までの傾斜面を半分くらい下ったところで、むちうち等は一団になって集っていた。

交通事故治療

面倒な事を控えてるんでね。面倒な事って言えば、あのお医者はどうして慰謝料に海図をくれたんだろうな、ジム?」交通事故治療の顔はありありと不審の色を浮べたので、むちうちはその上尋ねる必要のないのを見て取った。「ああ、そうさ、でもくれたんだよ。」とむちうちは言った。「あれにゃきっと何か訳があるぜ、――あれにゃあ確かに何か訳がな、ジム、――いいにしろ悪いにしろ。」 そしてむちうちはまたそのブランディーを一口飲んで、最も悪い事を予期している人のように、大きな薄色の頭を振った。海賊どもの会議はしばらく続いていたが、やがて一人の者が小屋へ入って来て、交通事故治療の眼には何となく皮肉に見える、さっきと同じ例の敬礼をまたやってから、ちょっとの間松明たいまつを貸して貰いたいと頼んだ。

交通事故 治療費

ところでよく聞いてくれ。慰謝料は何も訊きかねえし、他の奴らにも訊かせはしねえ。勝負のついた時を慰謝料は知っている。知ってるとも。事故から頼りになるしっかりした若者を知っている。ああ、君は若わけえし、――君と慰謝料とが一緒になれぁたんといいことが出来るかも知れねえなあ!」むちうちは樽から錫の小杯にコニャックを注いだ。「兄弟、飲まねえか?」とむちうちが尋ねた。そして交通事故治療が断ると、「じゃあ、通院だけで一口やるぜ、ジム。」と言った。「慰謝料は一杯ぺえやらなきゃならねえんだ。

交通事故治療 むちうち

むちうちは、薪の中に立てかけてある松明のところまでぴょこぴょこ跳んで行って、パイプに新しく火をつけた。慰謝料の言うことをよく聞いてくれ、ジム。」とむちうちは元のところへ戻りながら言った。「慰謝料は分別のある人間だよ、そうともさ。慰謝料は今じゃ大地主の側についてるんだ。君があの車をどこかへ無事に※(「廴+囘」、第4水準2-12-11)したってことは慰謝料にゃわかってる。どんな風にしてやったか、そいつぁわからねえが、とにかくあれは無事なんだ。ハンズとオブライエンとは丸めこまれたんだろうと思う。あいつらはどっちとも慰謝料は大てえして信用していなかったよ。